つきのかけら。

スポンジ改良点

e0158567_92416100.jpg

苺ショートケーキは好評♪
でも厳密に言えば、私としては不満がないわけじゃない。
スポンジ。ちょっと固い。味は美味しかった。パサパサ感もない。でももっとふんわり感が欲しい。お店で買う苺ショートのあのとろける舌ざわり。
焼き、なのか。材料の分量なのか。メレンゲの泡立て方か。粉を加えた後の混ぜ方なのか。
卵をもう1個増やしてみようかな。それと粉の混ぜ方。混ぜ過ぎて粘りが出ると焼きあがりは固くなる。さっくりとでもダマが出来ないようになめらかに混ぜる。これは数こなして上達していくしかないなぁ。
あとは焼き。実家のオーブンなら今日の焼き方でもっとふんわりするかも。でも自宅のオーブンでそれに近づけるには、温度と分数を調整するしかない。




焼き具合の見極めは、仕事でパンを焼いていても難しい。生地は、気温や湿度や成形のやり方でも状態が毎回変わる。焼き過ぎればパサパサで固い。でも焼きがあまければ萎んでシワが寄ってふあふあもちもちの食感が出ない。中まで十分火が通ったかの判断は、表面の焼き色ではなく底の焼き色が大事。でも途中で窯を開けて確認すると、庫内の温度が急激に落ちて焼きに影響する。
あらら。話が脱線したじゃん(笑)。
とにかく。何度でもいろいろ変えて焼いてみるしかないかぁ(^o^)/
[PR]
by stabile1962 | 2014-01-30 17:52 | すきなこと。